企業needsエンジニア

企業needsエンジニア

フリーランスエンジニアが日本を救う!

解決!フリーランスエンジニアが日本と企業を救う

NEW

  • 来社当日の面談もできる≪ナイス案件≫

    来社当日の面談もできる≪ナイス案件≫

    独立後のフリーランスエンジニアにとって、信頼できるエージェントは重要な存在です。ナイス案件で継続的に仕事をもらいましょう。
  • 豊富な案件の≪レバテックフリーランス≫

    豊富な案件の≪レバテックフリーランス≫

    独立したてのフリーランスからベテランまで、多くのエンジニアから高い支持を得ているエージェントがレバテックフリーランスです。
  • 高収入が大きな魅力

    高収入が大きな魅力

    フリーランスエンジニアになるメリットの一つが「高収入」です。働きとスキルに見合う報酬を得ることは大きなやりがいにつながります。

解決のカギはフリーランス

世の中のデジタル化が進む一方でITエンジニアの需要は増すばかりです。しかしその一方でIT業界の人手不足が深刻になっています。需要と供給のバランスが崩れてしまった理由はなぜなのでしょうか。

解決のカギはフリーランス

技術者の高齢化と少子化の問題

解決のカギはフリーランス

IT業界の人材不足の問題の根底にはITエンジニアの需要の高まりというポジティブな要因があります。デジタル機器の普及とアプリやSNSの広がりにより、プログラマやシステムエンジニアの需要はますます高まっています。一方でこれまでIT業界を支えていた人材も高齢化を迎えています。その原因は期待されるほど新しい人材がIT業界に入ってこないという問題にあります。
IT業界を志望する若者が少ないという問題は後述しますが、それ以前に「根本的な日本の少子化問題」があります。若者の絶対数が団塊の世代などに比べて明らかに少ないため、そのパイを他の産業と分け合うことでIT業界に流入する若者の数が必然的に足りなくなってしまうのです。

「新3K」に認定されている

IT業界は「華々しく未来が明るい業界」というイメージがあるかもしれません。しかし新卒後の就職を目指して今まさに就職活動をしている若い世代にとっては、あまり良いイメージがない、というのが現実です。その理由は「新3K」と呼ばれる言葉に集約されています。新3Kとは「きつい」「帰れない」「給料が安い」という意味です。
すなわち「ブラック企業のようだ」と思われているということになります。IT革命当時とは違い、現在のIT企業で働いている人たちには重い負担があります。1人が抱える仕事量が多く、定時に上がることができないような状況に陥っている人も少なくありません。給料に関しては、他の業界に比べて安いとはいえませんが、「きつい」「帰れない」状況で仕事をしている割には、報われない給料であるという面は否定できません。同じ量の仕事を海外のエンジニアが担当した場合はかなりの報酬を受け取ることになるでしょう。このようなイメージと現実により、IT企業にエンジニアとして就職したいと考える若者の数は減っているのです。

「フリーランス」という働き方が救世主に

このままではITエンジニアの数がますます減っていきそうですが、一概にそうともいえません。解決策としてITエンジニアとしての「働き方」を変える方法があるからです。それは「フリーランスのITエンジニアとして働く」という方法です。
まずIT企業側は、ITエンジニア不足に頭を抱えている状況ですから、フリーランスのITエンジニアの存在は貴重で有難い存在になります。そしてITエンジニア側は企業に属する社員が陥っている「きつい」「帰れない」「給料が安い」という新3Kという危険をフリーランスになることで回避することができます。
フリーランスになれば、勤務時間や働く時間帯、そして実力次第では給与も自分で決めることができるようになるからです。「フリーランスのITエンジニアとしてなら働きたい」そう思う人材が増えてくれば、日本が抱えるITエンジニア不足を解消することも可能です。今後はますますフリーランスのITエンジニアという働き方に注目が集まることでしょう。