企業needsエンジニア

企業needsエンジニア

フリーランスエンジニアが日本を救う!

フリーランスエンジニアが青色申告する特典

NEW

  • 来社当日の面談もできる≪ナイス案件≫

    来社当日の面談もできる≪ナイス案件≫

    独立後のフリーランスエンジニアにとって、信頼できるエージェントは重要な存在です。ナイス案件で継続的に仕事をもらいましょう。
  • 豊富な案件の≪レバテックフリーランス≫

    豊富な案件の≪レバテックフリーランス≫

    独立したてのフリーランスからベテランまで、多くのエンジニアから高い支持を得ているエージェントがレバテックフリーランスです。
  • 高収入が大きな魅力

    高収入が大きな魅力

    フリーランスエンジニアになるメリットの一つが「高収入」です。働きとスキルに見合う報酬を得ることは大きなやりがいにつながります。

青色申告の特典

フリーランスになると「確定申告」をする必要が生じます。確定申告には「白色申告」と「青色申告」がありますが、おすすめの方法は青色申告です。青色申告をすると税金の優遇や赤字の繰り越しなどのメリットがあります。

青色申告の特典

「青色申告」に挑戦しよう

青色申告の特典

フリーランスになったら自分で「確定申告」をしなくてはいけません。確定申告とは、1年間に稼いだ所得を計算し税務署に申告をする手続きのことを指します。その結果を受けて住民税や所得税の金額が決まる重要なものです。確定申告の時期は決まっています。例えば「2016年度」の確定申告をする場合は、「2016年の1月1日から12月31日まで」の所得を計算し、「2017年の2月中旬から3月中旬」の決められた期間に確定申告を行います。提出先は税務署です。申告方法は「白色申告」と「青色申告」の2つの方法がありますが、フリーランスのITエンジニアにおすすめの方法は青色申告の方です。青色申告のメリットは「税金を控除されること」で、デメリットは「複式簿記による記帳が必要」なことです。

青色申告の控除額が魅力

青色申告をする最大のメリットは税金が安くなることです。確定申告をする時には、収入から材料費、交際接待費、通信費、交通費などの「必要経費」と、国民年金や国民健康保険などの「社会保険料」などを控除することができます。たくさんお金を稼いだ年は税金がかなり高くなりますのでこの控除額をいかに増やすかが重要になります。青色申告をすると「特別控除」として、10万円もしくは65万円の控除を受けることができます。これはかなり大きな控除額ですので、ぜひ青色申告をしてこの恩恵を受けたいものです。この他にも「赤字を3年間繰り越すことができる」というメリットもあります。例えば1年目に赤字を100万円出して翌年は200万円黒字だったとします。この場合、200万円から前年の赤字分の100万円を引くことができます。前年の赤字分が相殺されますので税金が安くて済みます。

「みんなの青色申告17」で複式簿記に挑戦しよう

「みんなの青色申告17」で複式簿記に挑戦しよう

青色申告で65万円の特別控除を受けるためには複式簿記による記帳が条件になります。これは簿記の資格を持っている人でないと独力では厳しいレベルの難しさです。そのため会計士や税理士に依頼をして複式簿記を作成してもらう人もいます。しかしかなりの利益を出していないと会計士などにお願いをするのはためらう人も多いようです。そんな人におすすめなのが「みんなの青色申告17」です。会計ソフトのひとつで青色申告に便利に使えるものです。PCさえあればすぐに導入できるので手軽です。

確定申告時期に集計をすればあっという間に複式簿記が完成しますので、申告の締め切り間際に慌てずに済みます。

「ツカエル青色申告」で青色申告をしよう

「ツカエル青色申告」で青色申告をしよう

スムーズで軽快な動作と、シンプルでわかりやすいメニューで評判の会計ソフトが「ツカエル青色申告」です。すでに10%消費税に対応した製品を無償提供する約束があるなど、税制が変化してもしっかりと対応してくれるので安心です。ソフトの起動が早く、洗練された画面も見やすくて作業しやすいです。白紙にカラーで美しく印刷できるのも魅力のひとつです。帳簿印刷時に専門用紙がなくても、コピー用紙があれば市販の帳簿に近いイメージの印刷が可能なのも嬉しいです。