企業needsエンジニア

企業needsエンジニア

フリーランスエンジニアが日本を救う!

企業からの需要が高まるJavaエンジニア

NEW

  • 来社当日の面談もできる≪ナイス案件≫

    来社当日の面談もできる≪ナイス案件≫

    独立後のフリーランスエンジニアにとって、信頼できるエージェントは重要な存在です。ナイス案件で継続的に仕事をもらいましょう。
  • 豊富な案件の≪レバテックフリーランス≫

    豊富な案件の≪レバテックフリーランス≫

    独立したてのフリーランスからベテランまで、多くのエンジニアから高い支持を得ているエージェントがレバテックフリーランスです。
  • 高収入が大きな魅力

    高収入が大きな魅力

    フリーランスエンジニアになるメリットの一つが「高収入」です。働きとスキルに見合う報酬を得ることは大きなやりがいにつながります。

需要が多い言語はJava

プログラミング言語「Java」を扱うITエンジニアの仕事が他のプログラミング言語を扱うエンジニアよりも多くなっています。その理由はJavaの言語としての優秀さとそれに伴う市場の独占率の高さにあるようです。

需要が多い言語はJava

IT革命の申し子「Java」

需要が多い言語はJava

IT革命が起きてすぐに企業内で業務システムをWeb化するという流れが始まりました。それまではPC内に1つずつシステム用のソフトをインストールする必要がありましたが、Web化をすればその必要がなくなりコストダウンが見込める上、メンテナンスも楽だからです。その時に使われたプログラミング言語が「Java」でした。それまではPerlやC言語のCGIが主流でしたが、この時期にもっと堅牢なシステムを作れるための技術としてJavaが主役になりました。すでにそれから15年以上経ちますが、その当時のJavaで作られたシステムは今でも使用されています。そのため企業のシステムは今でも大半がJavaで作られており、Javaの技術を持つITエンジニアの需要は高くなっています。

スマートフォンアプリにも選ばれた

IT革命の流れに乗り企業のWebシステムの主役に躍り出たJavaですが、その後さらに使用範囲を広げて行きます。そのきっかけになったのが、Googleがスマートフォンで使用するAndroidアプリの開発言語にJavaを選んだことでした。説明するまでもなくスマートフォンとAndroidアプリの使用者の規模は全世界で大変な人数になっています。またスマホのアプリの開発はITエンジニアの仕事の中でも重要になり見逃せない市場になりました。AppleのiOSアプリと2分する市場を手にしたAndroidアプリに、Javaが採用されたことは計り知れない影響があるでしょう。

大規模Webサーバでも使われる

大規模のWebサービスを扱う時やオンラインゲームのサーバなどには一時期に大量のアクセスが流れ込みます。そのような大量のアクセスをさばくためには処理性能の速さが重要になります。Webサーバに利用されるプログラミング言語にはJavaやPerl、Python、Rubyなどがありますが、使用頻度が最も高いのはやはりJavaです。これらのプログラミング言語の中で最も処理性能が高いのがJavaだからです。
ではなぜJavaの処理速度が速いのでしょうか。それはPerl、Python、Rubyなどが実行時にソースコードを解析しながら実行する言語であるのに対し、Javaは事前に解析を済ませておいた上で実行できる言語だからなのです。

Javaの習得を

今まで見てきたように、Javaの利用頻度の高さが見て取れます。企業の業務システムの大半がJavaを採用していることとスマートフォンのアプリの半分近くのシェアをJavaが握っていること、そして大規模なWebサービスやオンラインゲームのサーバなどにJava言語が採用されていることなどから明白です。
この点からJavaを扱うITエンジニアの仕事の需要が高くなるのは当然だといえるでしょう。そのためJavaエンジニアは転職もしやすく、より条件の良い企業へと転職することが可能です。もちろん企業からフリーランスとして独立して仕事をしてもたくさん仕事に恵まれる立場にあります。今後も当面はJavaの天下が続きそうな情勢ですので、これからプログラミング言語を選ぶ人はJavaを選択肢の一つにいれておきましょう。